岡村靖幸と人生の場数と80sの子供

岡村靖幸が苦手だった。
むきだしな感じがして怖かったからだと思う。
彼についてはほとんど知らない。
マスコミに流れたことの他には。
とても才能のある人としてデビューしたこと、
大胆な言葉で歌って踊ること、
ちょっとしたスキャンダル。

明るく華やかに意地っ張りでいられた80年代。
今は誰でも簡単にシリアスになって、意地を張るのも命がけ。

手元にパーソナルコンピューターなんて置けるようになったから
ファンじゃなくてもちょっと調べれば顔も歌も確認できる。
知った気でいることは本当に怖い。

岡村靖幸のことは何も知らないけど、
1人のミュージシャンがずっと音楽をつくり続けてることに
こんな風に感動するとは思ってもみなかった。
彼が今も歌って踊る人として認識されてるのが
ヒトごとながらうれしい。

 

『Peach どんなことをしてほしいのぼくに』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です