私のみる世界

思い浮かべる景色が私を世界へ連れ出す
見えることにどれほどの意味があるだろう
見えないことをどれほど感じられるだろう

見えない世界を見たいと思うのは傲慢だろうか
見えている世界を信じないのは愚かだろうか

私の発した音が見知らぬ世界に反響するとき
私は私が何者であるかを知る
そうして私も誰かの見知らぬ世界であるといい

 

『イマジン』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です