風に呼ばれる

まさに体の中で何かがざわめくような
遠くからの呼び声を聞くような

今すぐにでも駆け出したい気持ちを
抱えたまま
立ち上がって
歩き出す

おおきくはやくうずまく
なにものかの力には
押し流されない
それには
静かに遠くをみつめ
呼び声に耳を澄まさなければ

目の覚めるような
まるで一陣の風
きっと遠くまで
連れていってくれる

 

折坂悠太『ざわめき』